スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強迫観念

2013.3.12(火)
今日は11,875歩、歩きました。
また、一万歩達成です。
百回腹筋2セット、腹筋ピクピクも1時間半やりました。
チョット、お腹が引っ込んだような。気のせいかな?

今週土曜日は病院に行く予定無かったのですが、予約入れました。
昨日、リワークの人に、もう1か月いたら?と言われたので、その相談に行くのです。
この分で行くと、復職はゴールデンウィーク明けくらいになりそうです。
まあ、職場の上司とも話し合わないといけませんが。

今日の本。岩井 寛著、「森田療法」です。
昨日から読み始めて、半分くらい読みました。
この先生は、この著書の時すでに全身ガンに侵され、最後は口述筆記で書いたという強靭な精神の持ち主です。
早稲田大学文学部の大学院を出た後、東京慈恵会医大に進み、博士号を取得したという、変わった経緯の方です。この本の中の森田療法は、主に強迫神経症や不安神経症、対人恐怖の病気について書かれているので、
ちょっとうつの症状改善とは違いますが、森田療法の原型とも言えるので、うつの改善にも応用できる内容と思います。

自分もうつ(双極性障害Ⅱ型)と言いながら、強迫観念も少しあると思っているので、この本の中身は応用できます。
いわゆる手を洗い続ける不潔恐怖や、人前で顔が赤くなって困る(実際に赤くはなってない場合が多い)赤面恐怖のようなはっきりとした強迫観念ではないですが、
仕事をきちんとしなければならないとか、仕事をミスするのではないかという不安も、強迫的に思っている部分が自分にはあり、この本で説明している森田療法での改善には応用できると思います。

やはり、物事への「とらわれ」がキーワードのようです。
必要以上にものごとへ「とらわれ」て、にっちもさっちも行かなくなってしまうような状態。
自分は仕事にいかなくてはと、必要以上に思っているのがいけないのかもしれません。
あれもやらなければならない、これをミスしたらどうしよう、こんな問題が起きたらどうしよう、そんなことを毎朝考えながら、仕事へ行ってました。
必要以上に仕事への不安にとらわれていたわけですね。
仕事していた時は、プロメテウスのように、前もって考えるのは自分の賢いところと思っていましたが、
前もって考えるのが、度をこえていると、それは単なる「とらわれ」であって、何も賢いことではないのですね。

もう少し、物事を単純に、スマートに考える「くせ」をつけないといけませんね。
休職していて、この辺のものの考え方が多少変わってきたような気がします。
何度も言ってるように、状態を復職してからもキープできるかどうかが、問題なのですけれども。


IMG_0693.jpg


うつ病 ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

*****sen*****

Author:*****sen*****
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。