スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブレキサでなくてジプレキサだった(^_^;)

双極性障害の薬、ジブレキサでなくてジプレキサだった。老眼進んだかなあ。
おまけに今日買った薬の本によると、ジプレキサは糖尿病禁忌だそうな。自分、初期の糖尿病です。薬はのんでないけど。だめかな?
でも効いてきたような感じするんです。今医者に言ったら、処方止められるの100%。でもうつで自死するなら、糖尿病で死んだ方がいい。禁忌なのは日本だけということだし、そんなに影響はないだろう。黙っていよう。糖尿病より今は目の前のこの状態を改善しないことには前に進まないのだから。命がけで治さないと。

昨日は一昨日寝れなかった(上の住人がうるさかったのが原因)のについついゲームを3時までやってしまい、ジプレキサの不眠副作用については検証できず。自分のせいです。おととしからモンハンをやりはじめて、3rdは1700時間越え。まあ、半分くらいは寝落ちが原因なのですが…また新キャラではじめてしまった。
基本、ヒマなのでついつい手を出してしまうよな。本当はとびだせどうぶつの森をやりたいのだが、これは娘の受験が終わるまでガマンです。

明日は通院の日。医者に、ジプレキサは「効いています!」と言うか、「なんか効いているような…」と言うかこれから考えたいと思います。カウンセリングはいつもの通り、私が一方的にしゃべって終わりであろう。カウンセリングの先生からも何かアドバイスをしてほしいのですが、話を聞くのがやり方らしく、話を切り出してはくれるのですが、結論は出ずというのがパターンになってきました。これでいいのか?いくないね。

今日の本、昨日の続き、「心の専門家になる!臨床心理学のはなし」
面白かったところ。対人恐怖という病名があるのは日本だけだそうです。世界的には、周囲の人全員が怖いという「社会恐怖」という言葉はあるが、ある状況のみが怖いという対人恐怖は日本だけだそうです。
あと、「対人恐怖」の中の「視線恐怖」は自分の視線が他人を傷つけたり、不快な思いをさせていると思い込んで恐怖を感じることのことを言うそうです。私の視線恐怖は、電車の中の向かいに座っている人や、友人・学校の先生など他人・知人を問わず、見られる・視線を合わせるのが単純に怖いというものでした。自分の視線が他人を傷つけるなんてこれっぽちも思わなかったけどな。私のは本当の「視線恐怖」ではないのかな?まあ、本に書いていることを全部信じるわけでないし、症状を感じるのは本の著者でなくて自分だからね。あまり考えずに流そう。いまは他人の視線はあまり怖くなくなったし。
今日はBookoffで本を4冊(うち一冊はさっきの薬の辞典)を買ってきたがよめるかなあ。本を読まずにゲームに走るのがすごく罪悪感を感じる((+_+))
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

*****sen*****

Author:*****sen*****
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。