スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休職1か月延長

昨日は午前1時就寝。朝4時に目が覚める早朝覚醒。やっぱりジプレキサは中途覚醒か早朝覚醒がおこるようだ。私の場合。眠剤のレンドルミンも飲んでいるのだが、あんまり効かないようだ。

今まで書いてなかったが、コレステロール(悪玉)も数値が高くて、毎晩薬を飲んでいる。薬を飲まないと、血管が詰まって徳光和夫のようになるらしい。アトルバスタチンという薬。10ミリ。たぶん、ジェネリックかな?

そういえば、精神科の薬もジェネリックがあるはずだが、勧められたこともないし、もちろん飲んだこともない。どうも精神科の薬は合う、合わないがあるので、成分が同じだとしてもジェネリックを飲みたいとは思わない。自立支援を利用しているので、薬代がバカ見たくかかる訳でもないというのも理由の一つではあるが。

今日、職場に電話して、休職を1か月延長することにした。これは当初上司と一緒に主治医に面会したとき、数か月の休養が必要であるが、まだ何カ月休めばいいという返答はできないので、とりあえず診断書には1か月の休養必要ということにする。また1カ月たったら延長しましょう、という話だったので、すでに織り込み済み。上司もそうだねという返事であった。助勤のベテラン社員も来ていることだし、出社してもすることはないので、上司も私がいなくても別に困らないというのが正直なところだろう。

また今週病院へ診断書を取りに行かねば。自立支援利用で診察料は安いものだが、診断書は1通3,000円なので馬鹿にならない。このところ、休職やアフターケア診断やらで毎月診断書もらっている。1行ちょちょっと書くだけで3,000円。これってどこの病院でも同じなんだよね。なんだかなあ。

今日は精神科医の香山リカの本を2冊読みました。
「本当はこわいフツウの人たち」この本はふつうの人というより、一見うらやましいような境遇の人でもなんらかの悩みを持っていたり、中身は変な人だったりというのを、40の物語にまとめたものです。著者自身や、友人から聞いた実話もとにアレンジした40話。
まあ、なんというか、人生うまく行ってない人が、一見うまく行っているように見える人でもそうではないということがあるという内容の話を読んで、まあそんなものかな?とちょっと鼻で笑って楽になろう。そんなところでしょうかね。この本の趣旨は。著者自身も自己主張が激しい人やセレブと呼ばれる人への皮肉を込めて書いているのかもしれません。

「気にしない技術」こちらはどうしたら他人に必要以上に気を遣わなくていいか、また昨今のストレス過剰、自己啓発過剰の世の中を生きていけるかを書いた本ですね。精神疾患になってしまった人より、なりそうな境界にいる人が読んだらいい本ですね。

この著者はよくテレビに出たりするのであまり好きではないですが、精神科医でこういうメディアに出没する人が一人いてもいいと思います。本の内容よりも、この著者の文章の書き方は好きです。誰にでも読みやすい、またうんちくでないウィットが効いた書き方をするところがいいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

*****sen*****

Author:*****sen*****
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。