スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街はたくさんの人

2012.12.25(火)
ジプレキサの副作用はやわらいできたようだ。
ただ食欲だけはなくならないし、制御できない。
どんどん太る。やばいなあ。
3週間で5キロぐらい太った。過去最重量。
食べないとストレス溜まるしなあ。
困ったもんだ。

今日は街まで妻と買い物に。
年末で給料日とあってか3連休明けなのに人が多い。
小さい頃から人ごみには弱いので、すぐ疲れる。
買い物もどちらかというとケチなので、あまり好きではない。
妻は買い物して発散する方なので、仕方ないが。
妻も神経科の病院通っているので、そんなに買うなとも言えないし。
自分も妻も心の病を患って、娘も最近ちょっとおかしい。
娘は病気とまでいかないが、心療内科の先生に診てもらっている。
遺伝かなあ。
自分だけならいいが、家族中おかしいので、気をつかって悪循環。
早くこの負の連鎖から逃れたいものだ。

本は昨日に続いて「大人のための精神分析入門」
後半は難しくてちょっと読み辛かった。
入門というくらいだから、著者はできるだけわかりやすく書いているのだろうが。

後半よかったのは人間は「うそをつく」のが精神分析上は不可避であるということ。
他人に対して「愛想笑い」や「社交辞令」もうそ。
自分に対して欲望を抑えて行動するのも一種のうそ。
そういう意味でうそは避けられないということです。
ただ、うそには罪悪感がつきものなので、自分のような病気の人間はこの罪悪感が強すぎるのではないかと。
そんなことが書いてありました。
逆に罪悪感を感じないでうそばかりついているような人はパーソナリティー障害なのでしょうと。
人間は葛藤して不完全なのが当たり前なのですね。
その点を教えてくれたところはこの本を読んでよかったです。
またじっくり読んでみたい。
この著者(妙木浩之氏)のほかの本もあったら読んでみたいと思いました。

自分は心の病気は脳の病気で、科学的な処方をすればパット治る方法を
誰か見つけてほしいと考えてましたが、精神分析学上ではそんな簡単なものでは
ないようですね。
薬による処方は本当に最近に(まあ、この40年くらいでしょうか)行われるようになったもので、
精神分析による治療も100年くらいの歴史。
心の問題は奥深いようです。
少し反省。


クリックしてくれたら嬉しいよ。

うつ病 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

*****sen*****

Author:*****sen*****
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。