スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アダルトチルドレン?

2013.1.5(土)
今日は病院へ行き、カウンセリングと診察。
診察の結果、
ジプレキサは2.5ミリ夜2錠から3錠へ増量。
ドグマチールは、過食気味だと伝えたところ、無くなった。
その他に飲んでる薬は
メイラックス朝と晩、1ミリ1錠ずつ
サインバルタ30ミリ朝2錠
です。

カウンセリングの先生とは、
休職直後の疲労感は無くなったが、イライラすること、
自分はアダルトチルドレンではないかということ、
生活が乱れて緊張感もないので、リワークに行った方がよいかということ、
ゲームに逃げるが、罪悪感を感じていること、
などを話ました。

カウンセリングの先生によると、私からはアダルトチルドレンという感じは受けないみたいです。

やっぱりリワーク早く行った方がいいのかな。
来週リワーク施設に聞いてみることにしよう。

で、今日の本ですが、緒方明著、「アダルトチルドレンと共依存」です。
まだ半分しか読んでませんが。
アダルトチルドレンというのは、学術的に認められた言葉ではないんですね。
この言葉を使って論文とか書くと、論文自体が認められないみたいです。
もともと、アメリカのアルコール依存症の親を持つ子供が、そのまま大人になった人のことをいうようです。
クリントン元大統領も、アダルトチルドレンだったとか。
で、アルコール依存症の親を持つというのは、狭義のアダルトチルドレンで、
広義には、「機能不全家族」に育った子が、大人になった人のことをいうようです。

この本は引用とかが、多くて、それも英語の本とか論文とかから引用したのを、日本語で説明しているので、
読むのにちょっと混乱します。丁寧に間違いないように説明しようという意図は解るのですが。

元に戻りますが、
広義にアダルトチルドレンかどうかを判断すると、非常に大勢の人がアダルトチルドレンということになってしまうようです。
ですので、この本でいう「機能不全家族」というところ(「機能不全家族」も何をもって機能不全というのか問題ですが)から、自分を分析すると、
自分の父親はアルコール依存症でしたが、ただ酒を飲むというだけで、暴力をふるったり、威圧的な言葉を発するとかはなかったので、私とすれば、ただの酒飲みおやじ、といったところでしょうか?
で、クリントン大統領を例とすると、彼の義父がアル中で、彼は「いい子」として家庭内では振る舞い、義父がアル中であることは、大人になるまで誰にも言えなかったということです。
「いい子」として振る舞うという点では私はクリントン大統領と似た点が、ありますが、自分の父がアルコール依存症であるという認識が無かったため、父を恥ずかしいとは思っていませんでしたね。
そういう意味では、自分の家庭が「機能不全家族」であったかというと、そうではないと思います。

前半だけ読んで、分析すると、たまたま自分の父親はアルコール依存症だったが、それは偶然で、広義の意味で「いい子」を演じなければならないというところは、アダルトチルドレンの要素はもっている、というところかなあ。
アダルトチルドレンという言葉自体が、曖昧なので、なんとも言えませんね。

本の題名になっている、共依存、という言葉は初めて聞きましたが、明日はその辺について勉強してみたいと思います。

IMG_0630.jpg

クリックしていただくと、おお喜びです。

うつ病 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

twitterからお邪魔しました。

アダルトチルドレンのお話、不勉強なので勉強になりました。
ありがとうございます^-^

私の2年しか経っていない経験ですが、
「リワークに行くだけで病気が良くなる!」
と期待してリワークに通っていました。

それは間違いと再発して思い知りました。
リワークに行っても現実から逃げているだけで、
自分自身と向き合うことが苦手で無意識に遠ざけていました。

もちろん同じような志を持った方々がリワークにはいらっしゃるので、
諭されて前を向くという現象があるかもしれませんが…
私は今の生活にできる限り緩急をつけて
それからリワークに行くでもいいと思います。

あと、気になったのが「ゲームに逃げる」という言い方です。
「逃げる」というマイナス言葉を掲げているから罪悪感になっているのでは?と考えました。

私もゲームはやります。
むしろ20歳~30歳までオンラインゲームでひとつのコミュニケーション技術を学びました。
目的を持って事象に接していけば、マイナスの行為なんてひとつもないと思いますよ。

No title

連続失礼します。

大変申し訳ありません。
不躾に色々と申し上げてしまいました。。。

自分で文章を読んで反省しています。

どうかお気になさらず・・・。
プロフィール

*****sen*****

Author:*****sen*****
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。