スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝なのかなあ

2013.1.28(月)
リワークでは、週の初めにその週の行動を決めます。
だらだらと休職生活送っている私には、ましな予定が決まりません。
本を読むこと、ブログを書くこと、それくらいですかね。

今朝、スーツを取り替えようとしたら、太ってウエストが入りませんでしたよ。
ワイシャツの首回りもキツキツです。
週の目標に、痩せることを入れねばならなかったですね。
エスカレーター使わずに階段使ってるくらいでは、痩せそうにないですね。
リワーク帰ってきてから、ジムに行くような気力も体力もないですし、
リワークでも運動もどきのことはしますが、とても痩せるような運動ではないので、
なにか考えないとだめですね。

リワークはちょっと飽きてきましたね。
クラスのみんなが、あまりにも無口なので、情報交換とか、悩みを吐き出すとかには
ちょっと気が引ける感じです。
吐き出す、ということでは、このブログを書いているほうが、健全ですね。

今日の本は、清水弘司監修、「図解雑学 性格心理学」です。
性格はどうやって決まるかなど、前半まで読みましたが、
遺伝、環境の両方が関与しているみたいですね。

自分の場合は、父親の遺伝的要素があるみたいですね。
父も精神科にかかっていたようですから。
それで、かなり大きくなってから、なぜ、自分もこういう風になると忠告してくれなかったのか、と
怒ったことがありました。父は黙ってましたけど。
父は学歴コンプレックスでおかしくなったのだと、思いこんで、それで息子にはちゃんと大学までいければ、
自分のように悩まないと思っていたのかも知れませんね。
でも、大学でたからと言って、処世術は習わないので、その辺は父はダメでしたね。

私の娘もちょっと神経症チックなので、心配です。やはり遺伝なのでしょうか。
父に、「こんな風に悩むんだったら、自分は子供を作らない」と啖呵を切ったことがありましたが、
結局、子供作ってしまいましたね。もちろん後悔はしてません。

この本の中で、インドのオオカミ少女、アマラとカマラの話が、性格が形成される例として書かれているが、
このオオカミ少女の話はインチキだったとの説が大方のはず。
それを数ページにわたって性格形成の参考例として挙げているのは問題ですな。

IMG_0662.jpg
クリック、お願いです!

うつ病 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

*****sen*****

Author:*****sen*****
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。