スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり難しい森田療法

2013.2.11(月)
今日は祝日ですね。
働いていれば、3連休の最後の日。
でも、休職中の私には関係あまりないな。まあ、リワークも休みですけど。

ぶつけられて修理中の我が家の車の修理がおわりましたが、まず代車を返さないと駐車スペースがないので、入れ替えを妻にたのんだら、イヤだというので、今週は一日リワークを休まないとダメですね。
車のカギ渡すだけなのに、やってくれてもいいのに。ハアー。

本は、森田正馬の「対人恐怖の治し方」3日目です。
最後の方は、患者の手紙や日記の記載だけで、この本だけで森田療法を学ぶのは難しいですね。
この本が、1953年に刊行した、「赤面恐怖の治し方」を新装改題したものなので、
赤面恐怖と視線恐怖の患者についてだけ、触れているのだと読み終わってわかりました。
でも。森田療法の「あるがまま」は少しわかりましたよ。難しいですけど。

自分は対人恐怖ですが、赤面恐怖ではありません。赤面恐怖という言葉はメジャーなようですが、今の時代にこの症状を抱える方、いるのかなあ。いたら、すみません。
あと、視線恐怖ですが、この本に書かれている患者は、自分の視線が他人に変に思われているのではないかと気にする症状で、自分の視線恐怖は、単純に他人の視線が怖いという恐怖なので、ちょっと違いますね。

リワークで相手の目を見て話せというのですが、相手の目を気にして話すと、顔が引きつったり、首が震えたりするので、相手の目を見るというのは、自分としてはあまり気に掛けない方がいいようです。
この本でも相手をジロジロ見ながら話すのはかえって不自然で失礼と書いてありますので、この本のいうことを実践したいと思います。
視線を合わせるのも「あるがまま」でいいですよね。

昨日アマゾンから届いた、購入した本2冊のうち一冊は、森田療法の本なので、こちらをよく読んでみることにします。
本を読みだして2か月経ちましたが、図書館から借りた本は読み返すことができず、古本屋にはあまりいい本は置いてないので、やはりこれはという本を多少高くても買うのが一番ですね。

IMG_0026.jpg

うつ病 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

森田療法、「あるがまま」がキーワードのようですね
私は森田療法については読む機会が今のところないのですが、そのキーワードはなんとなくなじみのある言葉のように思います。

リワーク1週間休み辛いですね。またリズムを作り直さないといけないという点で。

まぁ、ぼちぼちやっていきましょう。
プロフィール

*****sen*****

Author:*****sen*****
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。